競馬で勝つなんて不可能なんじゃないか → OMG2014 現在2位

がまかつ氏

がまかつ氏 東京都 40代男性

競馬歴は浅くたったの2年半。
シンドローム入会時は「競馬を始めてから1年」という全くの初心者でした(馬もほとんど知りませんでした)。

シンドローム入会までの1年間は、競馬で勝ちたい一心で、あえて名前はあげませんが、4つの競馬商材と2つの競馬ソフトを購入し試していました。
結果は言うまでもなく「失敗」。

競馬で勝つなんて不可能なんじゃないかと半分あきらめかけていた時に、
偶然出会ったのが「異常オッズ予想ソフトシンドローム」でした。

シンドロームに出会う直前に使用していたソフトが、「朝一オッズ」を基にして軸馬 を抽出するソフトで、「異常オッズ」という言葉がたびたび使用されていました。 そのキーワードで検索して、偶然導かれたのが「シンドローム」の公式HPでした。
その時のことは今でも忘れません。

サイトに掲載されていた実績の標記の仕方が、他のサイトとは全く異なっていたの です。この時になってやっと気づきました。
「勝てる商材・ソフト」と「勝てない商材・ソフト」の見分け方を。

馬券の購入条件が明確で、しかも都合のよい結果だけを抜粋しているのではなく、 勝った月も負けた月も全ての結果を。しかも長期にわたり掲載している。このようなサイトだけが、「誠実な運営」をしていると言えるのではないでしょうか?

オッズ競馬では基本的に穴馬を狙います。人気馬のようにたびたび的中することはな く、レース単位で30連敗、40連敗もあり得ます。結果、マイナス収支で終わってし まう月も年に数回はあります。

シンドロームのサイトには、良い結果も悪い結果も修正することなく正直に書かれていたことが、入会し実際にソフトを使ってみて実感できました。

このソフトを使ってうまくいく人は、こんな人なんじゃないかなと最近思うようになりました。次にあげる2タイプの人です。

(1)一度信じたら長期にわたって信じつづけ、不安な気持ちに負けず、当初決めた行動を継続できる人。

(2)確率統計学に精通し、常に研究をおこたらず、さらなる高みを求めつづける人。

(2)である必要はありません。サポートスタッフが情報をいつも提供しつづけてくれます。

でも、たった1ヶ月では結果のでないこともあります。その時に心が折れずに、信じて継続できる素直な人が、6か月後に間違いなく「勝ち組」になっているでしょう。

過去5年間(2009〜2013)で、月ごとの単勝回収率は、60ヶ月中49ヶ月で100%越え、2ヶ月連続のマイナスは2013年の8月9月だけでした。
この5年間の平均単勝回収率は118%です。2011年112%、2013年111%と多少落ち込んでいますが、2014年5月末現在121%と盛りかえしてきています。

入会1年目はつまらないかもしれませんが、ルールにのっとってわき目もふらず「単勝」だけを買いつづけることをおすすめします。1年後には回収率110%、総投資金額の1割が利益として残っていることでしょう。シンドロームを用いた競馬についても、いろいろとわかってくるでしょう。連複、連単や三連系に移行するのはそれからが最適だと思います。

こんな風に書いている私は、まるでシンドロームのスタッフのように思われるでしょうが、単なる1会員で、スタッフではありません(確率統計学は得意ですが)。

でも、実践チャットやSNSで質問や検証依頼などしていただければ、私の力のおよぶ範囲ではご協力させていただきたいと思います。

私もサポートスタッフの方には、本当によく面倒をみていただいて、今の状況を築けるようになりました。

今、土日が楽しみでなりません。月から金、一生懸命仕事をして、土日楽しく競馬をして、毎日が充実しています。

本当にスタッフの方、そしてシンドロームの仲間の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

「ありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いいたします。」

ここ最近は以前とは異なり、競馬歴の短い方の入会が目につくようになりました。以前は競馬歴10年超のベテラン揃いでしたが、1-2年未満のルーキー選手を多く見かけます。

がまかつさんもその一人で、実際にお会いしたことがありますが決して競馬に造形が深いというわけでもありません。しかし、オッズマスターズグランプリ2014で、6月15日現在ランキング2位という好成績にあります。

オッズマスターズグランプリの成績は出来過ぎかもしれませんが、がまかつさん自身が文中で書かれているように、シンドロームを使ってうまくいく2つのタイプの人は、我々運営サイドが考えているタイプにぴったり一致します。

(1)は「システム競馬」と呼んでいるスタイルで、統計データに基づきルールを作成し、ルール通りに購入して収益を上げる方法論です。多くの会員さんがこの方法で利益をあげています。
しかし、すべての人に効く魔法の方法ではありません。向き不向きはあります。それでも、結果を出している人はいます。

目次ページに戻る