オッズ競馬とはなんぞや? それがほんの少し見えてきました

写真お待ちしております

ハクハツ氏 長崎県 50代男性

 私は、競馬とパソコンに出会ったのが約1年半位前だったと記憶しています。競艇歴はそこそこ長いのですが、植木選手の引退とともにキッパリと競艇から足を洗いました。

 それからしばらくして、パソコン操作にも少し馴れてきた頃に、ネットで地方競馬のナイター中継を見たのが運のつき。競馬ブログ等を参考に買い目を決めたら3連単が的中してしまいました。いわゆるビギナーズラックですね。これで見事にはまってしまいました。

 また、しばらくたって中央競馬の事を知り、G1レースの独特などよめきと、大歓声やファンファーレに鳥肌が立ち、競馬の魅力にとりつかれてしまいました。しかし、所詮はギャンブルの世界、甘くはありません。中央は馬の頭数が多すぎます。なかなか当たりません! 勝てません!

 そこで必勝法なるものはないかと、パソコンであっちこっちのサイト巡りがはじまり、目に止まったのが「シンドローム」のホームページでした。5回ほど読み直して感じた事ですが、作りが非常に真面目で、誠実な印象を受けました。

 サポートもスカイプ講座(パソコンで使用する無料IP電話)が設けてあるので初心者にも安心して取り組む事が出来るとあったので、思い切って入会してみました。今では本当にシンドロームと出会えて良かったと心の底から思います。
入会して、約3ヶ月くらい経ち、最近ではようやく「オッズ競馬とは何ぞや」というものが、ほんの少しですが見えてきたような気がします。

 苦言と申しますか、要望として少し感じた事を正直に書きます。サポートは高田さんお一人がされていて非常に大変だとは思うのですが敢えて申し上げます。お尋ね等のメールを送信しても、何日か返信されない事があります。個人的にはこの部分の改善を切に望みます。(長崎県人は、せっかちな人間が多いですから)

 あくまでも個人的な意見として申し上げますが、サポート関係専任の人員がきちんと配置されるのであれば、毎月の会費等を高くしても良いのではないかと思います。ソフトのクオリティを高めるのであれば、それと比例してサポート体制も今よりも強化しなくては意味がないように思えます。

現在ではサポート専任スタッフが対応しています。ただ、競馬にもソフトにも精通した人というのは、単にお金を払って雇えるわけではないのです。世の中、お金だけでは何とかならない世界があるというのも知っておいて下さい。

目次ページに戻る