パソコンが苦手でずっと我慢してました

写真お待ちしております

まつさん氏 兵庫県 50代男性

 小生の競馬暦は20年近くなるんですが、はじめは競馬予想紙(当時は競馬エイト)で穴っぽい予想屋を見つけて馬券を購入していました。しかし、なかなか勝てず競馬を止めようかと何度も思っておりました。

  そんななか、ある日、本屋で「競馬で万馬券をゲットする」という本を見つけ、朝一オッズの存在を知りました。 またオッズの断層のことも触れており、何度か実践するうちに「これだ!」とオッズの信者になった次第です。

素人が馬の調教、血統等々検討しても結局は予想紙の通りになるだけと思ったのです

 それ以来、朝一オッズが小生の競馬の全てとなり、単なる予想では馬券購入が出来なくなりました。会員になるまでは10時前後のオッズをアウトプットし、競馬ブックの単勝オッズ(複勝も参考)と比較し、おかしな馬をチェックしていました。出走30分くらい前に、馬連と単勝の因果関係、断層等検討して馬券を購入してました。

 ただ小生の場合、携帯やオッズカードでオッズを取り、紙に書き写すという手間がかかるやり方をしており、一日のうちに数レースしか勝負が出来ませんでした(かえってそれが良かったのかもしれませんが……)。

 シンドロームの噂は以前から友人のナルチャンから聞いておりましたので、シンドロームの会員になって競馬が出来たらと何度も思いました。しかし、パソコンの操作が苦手で、また古いパソコンしかもっておらずズット我慢してきた次第です。

 今ではシンドロームの会員になり週末が待ちどうしく本当に楽しみです。まだまだ、不慣れな手つきでパソコンと睨めっこをしていますが早く独り立ちしたいと思っています。

まつさんが独自にやられた方法は、「予想オッズ乖離」という手法で、以前シンドロームでも提供していました。
オッズ競馬は、数値データを加工することが多いため、パソコンとの親和性は他の馬券術よりも高いのです。パソコンを苦手だと感じる方は多いのですが、いまは高性能なパソコンも安いですし、なにより、競馬をするぐらいならハードルは低いので、苦手意識を持っている人は是非パソコン競馬を始めて下さい。

案ずるより産むが易しです。

目次ページに戻る